menu

雛人形の男雛女雛の飾り方は左右どちらが正解?京都雛と関東雛の違い

この記事は約 3 分で読めます。

雛人形の飾り方について簡単に知っておく

お人形やお道具の配置には決まりがあるの?

ケース飾りのように元々配置が決まっており、固定されているもの以外のお雛様はご自身で飾って頂くようになりますよね。 雛人形には二人だけ飾る親王平飾りや、三段五人飾り、七段十五人飾りや、少しかわった変則の飾りまで様々な種類のお雛様が販売されています。 それぞれのおひな様がどのようにして飾るのか、ルールや御法度があるのでは?と感じる方も多くいらっしゃると思います。

まず雛人形の並び方を結論から言いますと、こうしなければならないという厳格な決まりはありません。 じゃあ別に適当に飾ればいいのか?となりますよね。 実はお雛様は天皇皇后の結婚式を模した飾りと言われているので、大まかにお人形やお道具の位置は決まってはいます。 つまり、その結婚の儀に合わせた配置に飾るのが良いと言えるでしょう。 雛人形は古くより女の子の健やかな成長をお祈りするもので、同時に遊び道具でもあるんです。 お人形を手に取って日本古来の文化に親しむのも、雛人形の深い歴史を感じるのも楽しい時間となるはずです。

親王の左右が違う時がある

雛人形のお殿様とお雛様の座る並びに疑問を感じた方もいらっしゃると思います。 向かって右側にお殿様が座っている場合と、向かって左側にお殿様が座っている場合があるんです。 結婚の儀を模しているという事は結婚式を思い浮かべれば、新郎が向かって左に、新婦が右に座っていますよね。 お殿様は向かって左が正解じゃないの?となりますよね。 実はこれは配置を間違えた訳でもなんでもなくて、関東雛と京雛(京都雛)で座る位置が異なるのです。 だからどちらも正解なんです。

男雛・女雛の左右はどっちがどっち?

関東雛は向かって左がお殿様、京雛は向かって右がお殿様として飾られています。 関東雛は全国的に広まっており、京都や近畿地方の一部を除けばほとんどが関東雛の飾り方になっています。 関東雛のこの飾り方は新しい現代の飾り方で、結婚式の新郎新婦の並びと同じなんです。 一方、京都や一部の近畿地方では向かって右にお殿様を飾ります。これは古式の雛人形の飾り方で古き日本では左上位、左上座の考え方を再現しているのです。左側を陽、右側を陰とする陰陽道にも深い関係があると言われています。伝統や格式を重んじる京都などでは日本古来のしきたりを守っているともいえるかもしれません。

古式の雛人形と現代の雛人形

上座下座の関係

西洋文化が入ってくるまでの日本は左(東)が上位という文化があり、大正時代までは左側が上座で右側が下座だったのです。 これは今でも言葉としての名残りがあり、例えば「右に出る者はいない」言い換えれば左側の人が凄い方で、その人の右に出る人はいないとなります。 その他にも「俺の右腕になってくれ」などもそうです、自分にとり頼りになる部下などに言う言葉で自分の右に常にいて欲しいという意味で使われていますね。大相撲では東方(左側)が上位になります。その他にもたくさん左側上位の事柄があるようです。

なぜ現在の位置になったのか?

なぜ古来より左側上位だったのが左右反対になったのか?西洋などでは右側が上位とされており世界とおつきあいするにあたり、大正天皇が公式の席で、洋服を身に着け、皇后陛下の右に立ちました。 その後昭和天皇の即位する際には、天皇が向かって左、皇后が向かって右に立つ事により西洋などの文化やマナーを取り入れたことが、現在の日本に繋がってきたのです。 お雛様の位置もこれらのことが大きく影響しており、時代と世界との関係性から現在の座り位置になっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加