menu

武将兜収納飾り

この記事は約 2 分で読めます。

人気武将兜の収納飾り

織田信長・徳川家康・伊達政宗・上杉謙信の4人の武将たちの兜がコンパクトな収納飾りになりました。横幅34.5cmとすっきりとしたサイズに抑え、家具などの省スペースにもお飾りいただけて大変便利です。飾り台の台の部分には兜や弓太刀を一式収納できるスペースを設けていますので、収納時も場所を取らずに、飾るときや収納のことも考えた優れたお飾りです。

選べる4人の武将兜

大人気の織田・伊達・上杉・徳川の4人の有名武将兜からお好きなものをお選びいただけます。飾り台のデザインはどれも共通で、黒塗に屏風や台には龍虎が描かれています。雲の間を走る龍の姿は神獣として信じられ万能力を示し、虎も子供を可愛がる姿や護る姿から勇猛さを示した人気の高い吉祥柄となっています。さらに魔除けの意味を持つ弓太刀も一緒に付いた、コンパクトでも豪勢なお飾りです。

織田信長兜は、神々しい豪勢な鍬形に織田の木瓜家紋を施した黄金に輝く兜です。織田は、戦国武将の中でも最も人気のある武将で、天下布武を掲げて数々の伝説と革命を起こしました。そして室町幕府を滅ぼし天下人となった戦国時代の風雲児です。

伊達政宗兜は、するりと伸びた立派な弦月モチーフの鍬形が美しくシンプルなデザインです。伊達は、片目に眼帯をしていたことから独眼竜・伊達政宗として有名です。わずか18歳で家督を継ぎ24歳で奥州をほぼ納めその名を世に知らしめました。

上杉謙信兜は、前立ての部分の日輪には龍が施され、弦月の鍬形との調和が魅力的です。上杉は、越後の虎、越後の龍などと呼ばれ、戦国武将の中で最も「義快心」に富んだ、己の義のために戦った武将として有名です。

徳川家康兜は、長寿繁栄のシンボルとなっているシダの葉の鍬形に、勇ましい鬼面の前立てが独創的な縁起の良い兜です。家康は、有名な関ヶ原の戦いで天下を勝ち取り、のちに征夷大将軍となり260年続く江戸幕府を開いた武将です。