menu

職人によって昔ながらの製法で作られる超コンパクト雛人形ぷりふあ衣

この記事は約 2 分で読めます。

職人が手掛ける小さなおひな様

頭から衣装の着付けまですべて職人たちによる手作業です。小さなサイズの衣装着ですが、通常サイズの衣装着の雛人形と変わらない工程で製作しています。熟練の職人だからこそできる精密な人形作りの様子には、圧倒されます。職人の技術が詰まった温かみのあるお人形は、お子様の宝物となるお人形に相応しいものです。

お人形ができるまで

頭と胴は別の工房で製作されていますので、こちらでは胴から衣装の着付け、お人形の完成までをご紹介していきます。福岡県の工房で製作されており、生地の裁断から縫製、着付け、頭を挿しこむまですべて職人が丁寧に仕上げています。

生地を必要な大きさに裁断していきます。そして、生地の絵柄が衣装のどこにでるかなどを考えながら、パーツを分けていく作業をします。

胴の基礎を作ります。重ねの部分や袴などを組合わせていきます。

メインとなる衣装の着付けを行います。男雛、女雛、官女とそれぞれのお衣装は、ぷりふあが厳選したものを工房へ送り、着付けの作業をしています。

型崩れがしにくいように、しっかりと胴体のバランスを整えながら、形作りを行います。これで胴体は完成となります。

最後に頭の位置を調節しながら挿しこめば、ぷりふあ-衣-の完成です。