menu

念願の夢であった”あのスイーツを”食べに行ってきました♪

この記事は約 3 分で読めます。

皆さんこんにちは。 スタッフの柴田です。
最近は朝晩だけではなくてお昼間にも冷たい風が吹き、今年もとうとう冬の季節が本格的に始まってきたなと思う毎日です。
それと同時に2018年もあと少し…平成も終わってしまうのかと少し寂しい気持ちもありますが、秋の味覚やクリスマスなどといったイベントがまだまだ残っておりますので気分を上げて日々楽しみながら頑張っていきたいと思っております。

“あのスイーツとは⁉

先日私は仕事のお休みの際に実はある所に行っておりました!! ずっと前から一度は食べてみたいと思っていた“ある食べ物”を食べに行きましたのでそれを本日はご紹介できればと思っております。 私はとても甘い食べ物が大好きで特にスイーツと呼ばれるものには目がありません!! そこで今年の10月6日に岡山県の問屋町に新しくOPENしてできた商業店舗複合施設の問屋町テラスの中にあるお店“西山ファームフルーツハウス”さんにお邪魔して「シャインマスカットサンデー」というスイーツを頂きました。

これをインスタグラムで投稿されてあった写真を見つけた時からずっと食べたくて、やっと念願が叶いました。 岡山県でも有名なシャインマスカットを贅沢にたくさん使い、濃厚なバニラアイスとマスカットゼリー、アクセントに使われていたドライベリーを組み合わせたこのサンデーは甘さの中にも程よい酸味とマスカットのみずみずしさが相まって、とても贅沢な一品でした!! 甘さも控えめなので非常に食べやすくて食べ応えのあるスイーツです。 問屋町にカフェやショッピングなどに行かれた際には要チェックしてみてください。 ご興味がございましたら是非ご家族やカップル、またお友達とでも一緒にお召し上がり下さいませ。

シャインマスカットって何⁉


シャインマスカットってどんなマスカットなの?と思われている方もいらっしゃると思いますので少し簡単にシャインマスカットについてご説明させていただきます。
シャインマスカットとは2006年に品種登録された比較的新しい品種の白ブドウの事をいいます。 マスカットの香りや甘さ(糖度)もとても高いのですが、なによりマスカットの皮ごと食べることができるという特徴がございます。 一般的なマスカットは皮を剥いて中の種を取って食べるというのが本来のマスカットの食べ方なのですが、シャインマスカットは果肉が硬く、皮が非常に薄めなことからそのまま食べることができるマスカットなのです。
まだメジャーな存在のマスカットではありませんが、シャインマスカットの多い産地としましては、主にぶどうの生産地を中心に多いとされている為に長野県・山梨県・岡山県・山形県が産地として有名となっております。 少しずつではありますがシャインマスカットの名が全国的に広がってきているためか、栽培面積も増加傾向となっているそうです。 そうすることによって全国的にシャインマスカットを使ったスイーツやお菓子等が作られて注目される日も遠くないかもしれませんね。 シャインマスカットの産地でもある私たち岡山県民にとっても大変喜ばしいことです。

黄緑色を基調したお人形です♪


シャインマスカットのように綺麗な黄緑色のようなお色味の衣装(お人形)をご紹介いたします。 それがぷりふあ 衣(ころも)の種類の一つでもある 絹(きぬ)と呼ばれるお人形です。 実はお衣装の柄には桜をちりばめております。 着物の美しいラインをより楽しんでもらえるよう衣裳のデザインひとつひとつの和柄にまでこだわって仕上げております。 小さなおひな様ということで場所にも困らずにお飾りできるのも“小さなおひな様ぷりふあ”の魅力のひとつだと思います。 またお好きな飾り台の中からも選べて自由にお飾りできますのでお子さまの健やかな健康をお祈りしながら組み合わせしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加