menu

EVOLVE 2020年ラインナップ 兜「RAIRAKU-ライラク-」

この記事は約 4 分で読めます。

磨き上げられた意匠

シンプルでモダンな意匠と、洗練されたつくりで品格を感じさせる兜。独特のオーラを漂わせる有名武将をモチーフにした兜飾りは、全部で9種類からお好みのデザインをお選びいただけます。際立った形状の鍬形はそれぞれに念願を表しており、お子さまへの願いにも通じる部分があります。

RAIRAKU LINE UP

  1. 伊達 DATE
  2. 上杉 UESUGI
  3. 織田 ODA
  4. 徳川 TOKUGAWA
  5. 豊臣 TOYOTOMI
  6. 直江 NAOE
  7. 本多 HONDA
  8. 真田 SANADA
  9. 武田 TAKEDA

伊達 DATE


闇夜に浮かぶ三日月のような鍬形が美しい伊達政宗兜飾り。物事の始まりを意味する三日月は、希望や今後の大いなる可能性を表しています。古来の日本の武具などによく見られる配色の兜は、落ち着きのある洗練された風合いを纏っています。ベースの黒が金色の輝きを一層引き立てています。

伊達 DATEを360度で確認する

上杉 UESUGI


崇高な日輪三日月の鍬形を付けた上杉謙信兜飾り。奥行のある美しいデザインです。太陽を表す日輪と、美しい曲線を描いた三日月に高貴な風合いがみなぎっています。日輪にあしらわれた黄金龍。龍は、困窮している状況から立ち上がる力を与える存在であり、子供の出世を祈る縁起物とされています。

上杉 UESUGIを360度で確認する

織田 ODA


織田木瓜紋と御簾モチーフの鍬形が気高さを示す織田信長兜飾り。金×黒の洗練されたデザインです。木瓜紋は卵の入った鳥の巣を上から見た形に似ていることから、子孫繁栄を意味するとされています。御簾は宮殿などに用いるすだれのことで、神のご加護への期待が込められています。

織田 ODAを360度で確認する

徳川 TOKUGAWA


葵紋歯朶獅子の鍬形が優雅に光輝く徳川家康兜飾り。常緑で枯れることがない歯朶(しだ)の葉は、子孫繁栄と長寿の象徴とされています。そこに徳川家の葵紋と勇ましい獅子が威厳を示す特徴的なデザイン。葵紋は、時代劇ドラマ『水戸黄門』の印籠に描かれているなど、権威を象徴する家紋として有名です。

徳川 TOKUGAWAを360度で確認する

豊臣 TOYOTOMI


馬蘭(ばれん)をモチーフとした美しいフォルムが際立つ豊臣秀吉兜飾り。高級感のある黒兜から光を放つ後立の馬蘭には、菖蒲(しょうぶ)の一種で、その音が「勝負」に繋がることから、勝負に勝つという験担ぎの意味が込められています。農民から天下人となった豊臣秀吉を表すデザインです。

豊臣 TOYOTOMIを360度で確認する

直江 NAOE


鍬形の「愛」の一文字がひときわ目を引く直江兼続兜飾り。直江兼続は、庶民が平和に暮らせる国をつくるため数々の戦いを行いました。上杉景勝、上杉謙信と上杉二代を支えるなど、義を重んじ愛を貫いた人物です。戦場でも民を大切にする気持ちを忘れないようにとの想いをこの鍬形に込めたという説もあります。

直江 NAOEを360度で確認する

本多 HONDA


獅子の頭をモチーフにした獅噛(しかみ)と、立派に伸びる大きな鹿角が個性的な本多忠勝兜飾り。黒を基調とした兜は、堂々としていておごそかな雰囲気が漂います。徳川四天王の一人で、出陣した合戦で一度も負傷しなかったという逸話があるほどの猛将・本多忠勝の屈強さが伝わってきます。

本多 HONDAを360度で確認する

真田 SANADA


赤兜に大きな鹿角と六文銭が精悍な真田幸村兜飾り。真田幸村は、その神がかり的な戦いぶりから、日本一の兵(つわもの)と称された伝説的な武将です。神の使いとして昔から大切にされてきた鹿と、覚悟があることを表す「六文銭」のエンブレム。高貴に輝く様子から威風堂々たる力強い雰囲気が漂います。

真田 SANADAを360度で確認する

武田 TAKEDA


角を生やした鬼面鍬形に、白い毛が付いた武田信玄公兜飾り。金と赤を組み合わせた豪華な風合いです。吹返には、武田菱紋に風林火山の文字があしらわれています。12年余り続いた上杉謙信との川中島の戦いなどでの圧倒的な強さから「甲斐の虎」と呼ばれた武田信玄。その兜からは力強い迫力を感じます。
武田 TAKEDAを360度で確認する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加