TOP > スタッフブログ > 雑記 > 岡山県真庭市に咲き誇る、曼珠沙華(彼岸花)の群生地に行ってきました

岡山県真庭市に咲き誇る、曼珠沙華(彼岸花)の群生地に行ってきました

2017.09.25

こんにちは、ぷりふあ人形の古谷です。

土曜日のお休みの日に、岡山県真庭市にあるという彼岸花の群生地 真庭市落合川東公園に行ってまいりました! 真っ赤に咲き誇る曼珠沙華がまるで雛人形の赤い緋毛氈を敷き詰めたように美しく、とても綺麗な光景を見ることが出来ます! 川東公園は小さな公園ですが咲き誇る彼岸花は敷地一面に咲いていますので中々見応えがあります。

美しい曼珠沙華の赤色は魅力タップリです。 彼岸花は名前の通り、あまり良いイメージを持たれない花でして、死人花や地獄花、幽霊花などと死をイメージする花でもあります。 しかしこの連想って実は日本だけなんですね。 なぜこのような印象があるのかは色々と理由があるみたいですが、有名な別名である曼珠沙華(サンスクリット語 manjusaka)は天界に咲く花を意味しています。 諸説ありますが、お目出度いことが起こる兆しに赤い花が天から降ってくるという仏教の経典があるそうです。

様々な印象があるお花ですが、名前の印象に関わらず、赤い絨毯のように美しい光景は素晴らしい風景でした。 20台程度の駐車スペースがある場所ですのでお車でお出かけする方には最適な場所ですので、岡山の方はもちろんですが、近隣県の方も是非行ってみてください! 小さい公園ですが写真以上に感動できるスポットです。 ここから少し距離は離れていますが蒜山高原などとセットでお出かけすると良いかもしれません。 落合川東公園は下記の場所にあります!

赤色を基調としたお人形!

曼珠沙華の赤い絨毯のように、情熱の赤色を基調としたお人形をご紹介します。

本商品は楽天市場から購入できます。

当店で特に人気のある赤色基調のお人形と言えば春蕾です。 収納スペース付の飾り台は人気の赤色と黒色を基調としたデザイン。 シックにデザインされた台屏風は和と洋の印象を兼ね備え、リビングなどの洋室に飾ってよし、和室に飾ってよしと長年人気の雛人形です。 人気のお雛様につき2018年度も人気継続モデルとして販売が決定しました。 刺繍を施したお衣装は白色基調で作られ、凛とした存在感が赤色基調の台屏風に花を添えます。 完成された雛人形のひとつとして当店オススメの一品です。

さらに赤色のお雛様をピックアップしてみました。 赤色基調の雛人形は存在感が抜群ですね。 色の関係で和室でもリビングでも合いやすくなりますので、現代の住宅事情にもあったデザインと言えます。 赤が好きな人は是非検討してみてください!

[rakuten keyword=”dcol004″]

記事を共有する

関連記事

季節は夏から秋へ

兜の種類は何があるの?~立物(鍬形)~

『ぷりふあ木目込み人形』派?『ぷりふあ衣』派?