TOP > スタッフブログ > 雑記 > 可愛さと伝統の調和 伝統和工芸 塗屏風のご紹介
木目込み 伝統和工芸 塗屏風五人 桃塗

可愛さと伝統の調和 伝統和工芸 塗屏風のご紹介

2021.01.18

衣 伝統和工芸 塗屏風五人

ぷりふあ人形の中でもTHE雛人形!とされいますのがこちらの塗屏風5人飾りと塗屏風親王飾りでございます。こちらの台屏風は木目込みのぷりふあと衣裳着のぷりふあ衣のどちらにも対応しております。塗屏風には溜塗と桃塗の2種類がございます。溜塗はシックでどのお人形、衣装に合わせても間違いないと確信しています。どの台屏風にしようか迷われた時はこちらをお選びください。

木目込み 伝統和工芸 塗屏風親王 溜塗

5人飾りの屏風はサクラ柄を上品に施しており、親王飾りの屏風は満開のサクラを金色で豪華に施しています。溜塗のお道具は弥生唐草模様の菱餅台と黒の油灯で引き締まった印象で伝統を感じられます。

木目込み 伝統和工芸 塗屏風五人 桃塗

桃塗は木目込みのぷりふあ人形のみの販売とさせて頂いておりますが、ぷりふあ衣でご希望の場合はご連絡頂けたら対応可能でございますよ。

桃塗5人飾りのお道具は 白の貝桶・桃の花を入れた三方と白の油灯で桃色の台に馴染んで可愛らしさをプラスしています。

桃塗親王のお道具は白兎にカラフルな落雁をのせた桃塗親王台のみに使用しているとっても華やかで可愛らしく飾る時も楽しい気分にしてくれます。ピンク好きは迷いなく桃塗を選ばれるかと思いますが、店頭にご来店される方で溜塗とある程度決められていても実際にご覧になって意外や意外、桃塗に変更される方もいらっしゃるくらい色味も程よい桃色でございます。よろしかったら、候補の一つに入れてご検討よろしくお願い致します。

拝啓 石田です。本年もよろしくお願い致します。年末年始のお休みは友達にも会えず寂しかったですが、一歩も外に出ず猫達とお昼寝やら漫画・DVDを見て過ごしてそれはそれでとてつもなく幸せでございました(笑)

年末に保護猫青ちゃん(名前もそのままあおちゃん)の引き渡しがあり、最初は緊張していたみたいですが2日目にしてゴロゴロ言ったり甘えたりしてきたみたいで慣れるのも早くとても大事にしていただいているので安心しています。赤い可愛いリボンの首輪も買ってもらい女の子度が増しましで癒し倍増です(*’ω’*)

もう2匹年末に里親さんが決定したのが茶ドットちゃんとゴマちゃんです。この2匹の里親になったのは私の弟夫妻で、子猫達を6匹預かってくれていたのですが茶ちゃんとゴマちゃんをそのまま家族に迎え入れてくれました。

あと決定していない3匹の子猫達は保護団体「なないろしっぽ」さんが預かってくれました。人馴れもばっちりOK、トイレの失敗もなし、元気いっぱいのデニムくん・おはぎくん・みたらしちゃんの3匹は毎週土曜日・日曜日に「なないろしっぽ」さんの譲渡会で対面できますので、どうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

記事を共有する

関連記事

5月5日はこどもの日

形いろいろ兜の鍬問題。

☽ G O U K E N ☽