TOP > スタッフブログ > 雑記 > 雛人形・五月人形で人気のアクリルケース飾りの注意点とは?

雛人形・五月人形で人気のアクリルケース飾りの注意点とは?

2022.10.01

みなさん、こんにちは。
ぷりふあ人形の來海(きまち)です。
当店のお雛様、五月人形の中でも人気のある商品が「アクリルケース」仕様のものです。

商品としては、はじめからアクリルケースがセットになったものもありますが、お手持ちの節句人形に合わせて、アクリルケースを単体でご購入いただくことも可能です。

日常生活において身近な素材であるアクリル(アクリル樹脂)。今回はそんな【アクリル】に焦点を当てて調べてみました📝

アクリルとは メリット・デメリット

アクリル=アクリル樹脂とは、「プラスチックの一種」で、アクリル酸およびその誘導体の重合によってつくられた合成樹脂のことを言います。
このアクリル樹脂には、メリット、デメリットがそれぞれあります。  

メリット

プラスチックの「軽い」「錆びない」「腐らない」という特性「透明度の高さ」「加工のしやすさ」「人体に無害」「耐久性」「割れても飛び散らない」

デメリット

「衝撃に弱い」「摩擦に弱い」「耐熱性が低い」

アクリルケースとガラスケースの特徴 どちらがよい?

ところでケース飾りには、アクリルケースのほかに「ガラスケース」もありますが、どちらがよいのでしょうか。それぞれの特徴を見ていきましょう。

こうして見ると、一概にどちらがよいとは言い切れませんよね。
アクリルケース飾りはとても人気がありますが、ガラスケースにもならではの魅力的な点が存在します。
例えば、ガラスケースは重厚感があり、透明度も高いため、ケース内のお人形やお道具がより鮮明に見えますし、お子様が簡単に持ち上げられない、素手で触っても傷がつきにくいという利点もあったりします

それぞれの特徴を踏まえたうえで、ご自宅に合うケース飾りをお選びください!

アクリルケースの製造工程上、どうしても避けられない点

便利で手軽なアクリルケースですが、アクリルケースの構造上、また製造工程上、どうしても避けられない症状もあるんです。下の画像をご覧ください。

アクリルケースは、アクリル板同士を接着させてつくります。
どのようにして接着しているのか・・・
それは、アクリル板同士を特殊なアクリル溶剤で溶かすことで接着させてケース型にしているんです。
接着面(画像矢印部分)が白くなったり接着剤がはみ出たように見えたり、気泡のようなものが見えるのはそのためです。
(接着面は透明ではありませんので予めご了承ください)

届いたばかりのアクリルが割れていたらすぐにご連絡ください!

商品が届いたら必ずすぐに開封して、状態をご確認いただきますようお願いいたします。

梱包には細心の注意を払っておりますが、配送途中の衝撃により、アクリルケースにひび割れが生じてしまう場合がございます。
万が一破損があった場合には、すぐにご連絡ください!
到着日より1週間以内のご連絡でしたら、早急にお取替え・交換などの対応をいたします。

アクリルケースの取り扱い・お手入れ方法

アクリルは傷のつきやすい素材です。そのため取り扱いや手入れ方法など、ご注意いただく点があります。ですが適切に管理いただければ、お人形をほこりや傷から守り長い間綺麗な状態を保ってくれる優れものでもあります。

本ブログを通して、アクリルケース飾りの「特徴」と「注意点」を知っていただき、ご購入時の参考にしていただければ幸いです。

アクリルケース単体も販売しています

お手持ちのお雛様や五月人形がアクリルケース飾りに変身!
当店では、アクリルケースと木製台がセットになった単品販売もございます。
サイズがご不明な方はいつでもお問い合わせください。

記事を共有する

関連記事

雛人形を彩る赤色の毛氈(もうせん)の秘密に迫る!

年中行事のお飾りはいつまで飾る?いつ捨てる?

初節句や七五三で着せる陣羽織と被布ってどんなもの?今のトレンドは…