TOP > 豆知識 > ひな祭り > 雛人形の保管・お手入れのポイント!毎年綺麗な状態で飾るために

雛人形の保管・お手入れのポイント!毎年綺麗な状態で飾るために

お雛様を長持ちさせる保管方法とは

毎年飾るお雛様、もちろん次の年も綺麗な状態で飾りたいと思うことでしょう。どのように保管すればお人形を長持ちさせられ、綺麗な状態を保たせられるのか。そんな疑問に応えるべく、雛人形の保管方法などの注意点についてご紹介します。

雛人形をしまう際にはやってはいけない保管方法がいくつかあります。お人形のお顔や衣装をダメにしてしまう前にぜひご確認ください。お雛様は思っている以上にデリケートなのです。

湿気はNG

お雛様は湿気が大嫌いです。湿気があるとシミができたり、カビなどが生えたりしてしまうのです。したがってお風呂場やキッチン、トイレなどの水回り付近にはお雛様をしまわないようにしてください。また水回り付近でなくても、結露が発生するような場所は避けてくださいね。クローゼットや押入れの中で保管する場合は床に直接置かず、一段上か、すのこを敷くなどして空間をつくることが大切です。空気の流れがあれば湿気は取れます。

乾燥もNG

湿気はNGとお伝えしましたが、お雛様はその反対の乾燥も苦手なのです。乾燥しすぎるとお人形のお顔や、飾り台・屏風などの塗りにヒビが入ったりしてしまいます。極端に乾燥している場所は避けて保管するようにしてください。

日の当たる場所もNG

直射日光の当たる場所もお控えください。色褪せや変色の原因になります。また、夏場は高温になりますので、衣装などが縮んで変形したり、塗装や糊が溶けたりしてしまう可能性があります。

ビニール・プラスチック容器もNG

湿気・乾燥、日光のほかに気になるのが虫です。お雛様の防虫対策として、密閉性に優れたビニール袋やプラスチックなどの容器にしまうことを考えていませんか? たしかに虫は寄りつかないでしょうが、その代償として通気性が悪くなるため、シミや黄ばみなどの原因になりかねません。基本的には購入した時に入っていた箱に戻すようにしてください。

虫からお雛様を守るお手入れ

そうはいっても箱に戻すだけではなんだか心もとない、本当に大丈夫なの?という声が聞こえてきそうです。保管やお手入れを間違えると、必ずやってくるお雛様の天敵・虫。お人形の美しいお顔や衣装が虫に食べられたらとても悲しいですよね。防虫対策についてもご紹介しておきます。

ホコリをよく落とす

まずは、毛ばたきなどでお人形や道具に付いているホコリをしっかり落としましょう。ホコリをくまなく落とすことでダニの発生を防ぐことができます。また、ホコリだけでなく知らず知らずのうちに付着している虫の卵も一緒にはたき落とせるかもしれません。使用した毛ばたきはお雛様と一緒に保管せず、ホコリなどをよく落としてから別の場所にしまってください。

専用の防虫剤を使用する

雛人形の性質上、防虫剤の取り扱いには注意が必要(下記参照)なため、雛人形専用の防虫剤を使用することを推奨します。スーパーやホームセンターなどでも販売されていますね。お雛様を大切にしたい一心で防虫剤を大量に使用したくなる気持ちは分かりますが、パッケージの裏面などに記載されている用法用量を守って使用してくださいね。

防虫剤使用時の注意点

上述のとおり防虫剤は雛人形専用のものを使用し、お人形などに直接当たらないように使用してください。また、ほかの防虫剤との併用はお控えください。防虫剤にはナフタリン、パラジクロロベンゼン、しょうのうなどがありますが、それらを併用した場合プラスティックなどと反応して溶けてしまったり、油性のシミが付着してしまったりする場合があります。さらに言うと、前の年の防虫剤が反応してしまうこともあるので、毎年同じ防虫剤を使用するのがよいでしょう。

防虫剤を使用しない方法

防虫剤はちょっと不安かも‥‥‥と気になる方には、雛人形専用の収納桐箱なども販売されていますのでそちらをおすすめします。桐は軽量な木材で、湿気にも強く、また虫を寄せつけない成分が含まれているためお雛様の収納に最適です。また繰り返しにはなりますが、湿気の多い場所や風通しの悪い場所に収納するのは避けましょう。

お雛様を片付けるタイミング

最後にお雛様を片付けるタイミングとポイントについて簡単にお伝えします。唐突ですが、3月3日を過ぎていつまでもお雛様を飾っていたら婚期が遅れるという話を聞いたことはありませんか? これはあくまで迷信であり、お雛様にとっては必ずしも早く片付けることがよいとは限りません。湿気の多い雨の日や曇りの日は避けて3月4日以降の晴れた日を選んでください。早く片付けなければと急いで天気の悪い日にしまうと、お人形の衣装や台屏風などに湿気が付いてしまいかねません。 次のシーズンまで11か月程しまっておく間にシミやカビなどが繁殖してしまう可能性があるのです。できるだけ湿度が低くて天気の良い日に片付けましょう。

また、ひな祭りが終わって半年後の9~10月ごろを目安に一度箱などから出し風を当ててあげてください。 もちろん湿度の低い晴れた日にです。 ずっと箱に入れておくとどうしても湿気がたまりやすくなります。ひと手間かけることでお人形も長持ちし、綺麗な状態を保てることでしょう。

長い間お家にいてくれるお雛様。ひな祭りシーズンが終わったら、来年のひな祭りに備えて

しっかりとケアしてあげてくださいね。

鯉のぼり・五月人形のしまい方について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

記事を共有する

関連記事

雛人形の値段の違いはここにあり!お雛様の相場を知って予算を決めよう

木目込み雛人形ってなに?衣装着雛人形との違いやその魅力について

雛人形の並べ方の基本を知ろう!男雛女雛は左右どちらが正解?

人気記事

ひな祭り豆知識
#キーワード

ひな祭り全記事表示

豆知識カテゴリー