TOP > 豆知識 > 端午の節句 > 五月人形の選び方を解説!購入前に確認しておきたい3つのポイント

五月人形の選び方を解説!購入前に確認しておきたい3つのポイント

五月人形の選び方を押さえておこう

五月人形のラインナップが出揃うのはおおよそ3月3日のひな祭りを過ぎたあたりです。人形店の多くはこの時期を境に五月人形へと品揃えを変えているといわれています。五月人形は季節を問わず販売されてはいるため購入時期は問いませんが、ひな祭りを過ぎた頃から種類も増えて、いろんな種類を一同に見る機会も増えるでしょう。特に購入する時期が決まっていない方は、3月から遅くとも4月中旬までぐらいにお店やネットショップを覗いてみるのがよいかもしれません。ご購入を検討されている方に少しでもスムーズに満足いく五月人形選びができるようにと、購入の際のポイントを3つに分けてご紹介しますので参考にしてみてください。

POINT① 誰が購入するか

まず押さえておいていただきたいのが、「誰が五月人形を購入するか」です。ママはパパの両親が、パパはママの両親が購入してくれるだろうと思い込んでいたりすると、こどもの日になって誰も用意していなくて節句飾り不在のお祝いになってしまったというちょっと悲しいパターンになることも‥‥‥。第一に、誰が買うのか話し合って決めておきましょう。とはいえ、いざ五月人形を購入する時期になっても、パパママが購入するべきか、パパの両親が購入するべきか、それともママの両親が購入するべきか、と戸惑っている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

地域や考え方によってさまざま

五月人形は誰々が用意すべきという明確な決まりはないと言われていますが、昔は一般的に「ママの両親が贈るもの」とされてきました。しかしこのような風習は地域によっても異なり、「雛人形はママの両親から、五月人形はパパの両親から」というところもあれば、「五月人形などの内飾りはママの両親、こいのぼりなどの外飾りはパパの両親が用意する」というところもあったりと、まちまちです。

事前に話し合って決める

最近ではパパママがお金を出して準備する家庭や、両家の両親で折半して用意する家庭も増えてきています。事前に誰がお金を出すか、そして誰が買うかを決めておくことで気持ちの良い五月人形選びができます。

また、お金だけ両親から受け取って購入する場合は、パパママとおじいちゃん・おばあちゃんとでは五月人形のイメージがそもそも違う可能性があったりするので、カタログ冊子やインターネット上で確認してもらってから購入されるとよいかもしれませんね。それぞれの地域や両家の考え方に合わせて、スムーズに五月人形の購入ができるよう心掛けましょう。

いつまでに準備する?

こどもの日の飾りつけ準備は、当日の1ヵ月から2週間前までには済ませておくのが理想的です。そのためには人形を購入し1か月前くらいには手元に届くと安心して準備ができますね。人気のものや生産数の少ないものは早々に完売となることも考えられます。より多くの選択肢の中から購入するためには、2か月前くらいから検討に入った方がよいでしょう。ゆっくり焦らず見られるため、いいものに出会えるチャンスも増えると思います。また、両家の両親にも一緒に選んでもらえると孫への贈り物をしたという満足感が増し、円満な五月人形の購入に繋がるのではないでしょうか。

POINT② 飾り場所と五月人形のサイズ

誰が購入するかを決めた後、実際に購入する場面で重要なのが「五月人形をどこに飾るか」ということです。この場所に飾りたいというシュミレーションを事前にしていただければ、五月人形のサイズやスタイルも選びやすくなります。また、収納する際のスペースのことも考えなくてはいけませんね。しまう場所もあらかじめ決めておきましょう。

さらにいえば、両親と同居されている家庭、マンション暮らしの家庭、パパが転勤族で引っ越しの多い家庭など、それぞれの家庭によって五月人形の選び方は変わってきます。住まいに合わせてサイズや飾り方タイプを決定したり、引っ越す可能性を考えてコンパクトなお飾りにしたりなど、これからの住まい環境について一度じっくり考えてから購入するのが間違いないでしょう。

POINT③ 信頼できるお店かどうか

五月人形選びで後悔しないためには、どんなお店で買うかということも重要になってきます。インターネット通販を利用して購入するご家庭も増えていますが、販売しているお店の人の顔が見えないネットショップこそ、信頼できるお店かどうかを見極める必要があります。ショップ内の情報等が定期的に更新されているか(ホームページが稼働しているか)、過剰な広告をしていないか、ショップ自体のデザインや雰囲気、実際の商品を購入された方のクチコミなどをチェックしてみましょう。不安な点や疑問があればメールや電話で一度連絡を取ってみるのがおすすめです。お人形は購入したら終わりではありませんから、購入後にもお付き合いができるお店を選びましょう。

お子様にとって一生の宝物となる五月人形。だからこそ最初からこれと決めずに、いろいろとご覧いただいてから決めるのもいいかもしれません。五月人形と言っても、兜・鎧・着用鎧兜・子供大将などさまざまな種類があり、その中でもサイズや価格も異なりますのでよくよく確認したうえで納得のいくものをご購入いただければと思います。

記事を共有する

関連記事

端午の節句とはどんな行事?歴史や風習を簡単にまとめて解説します

鯉のぼり・五月人形のしまい方が知りたい!綺麗な状態を保つ秘訣とは

鯉のぼりが表しているものは?どんな素材でできているの?

人気記事

端午の節句豆知識
#キーワード

端午の節句全記事表示

豆知識カテゴリー