TOP > 豆知識 > 端午の節句 > 五月人形にはどんな意味があるの?兜や鎧に込められた想いを知ろう

五月人形にはどんな意味があるの?兜や鎧に込められた想いを知ろう

歴史から五月人形の意味を学ぼう

端午の節句といえば、大空を泳ぐ鯉のぼりや五月人形の勇壮な姿を思い浮かべる方も多いと思います。鯉のぼりはその名のとおり鯉を模したのぼりですが、五月人形は端午の節句に飾るお人形全般をさします。兜や鎧などの甲冑飾り、子供大将、鍾馗や金太郎人形など、さまざまな種類がありますが、いずれも男の子の健康と成長を祈るものとして飾られます。五月人形の歴史を紐解きながら、兜や鎧のお飾りに込められた想いについて少し考えてみましょう。

歴史を紐解く前に…

五月人形はどのようにして生まれたのでしょうか。それをお伝えする前に、端午の節句について簡単に触れておきます。

古代中国では、五月というと「物忌み」の月とされ、厄払いが盛んにおこなわれていました。また、季節の変わり目である節句に、その季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を払うという習慣があり、これらを組み合わせて誕生したのが端午の節句の行事です。日本では奈良時代から平安時代にかけて節句の行事がおこなわれはじめ、五月には魔除けの力あるとされていた菖蒲(しょうぶ)を入れて沸かしたお風呂に入ったりしていたそうです。武家社会になると、菖蒲と尚武(=武道・武勇を重んじること)をかけ、五月節句を尚武の節日として祝うようにもなりました。江戸時代には5月5日に重要な式典がおこなわれ、大名や旗本はお祝いの品物を携え、江戸城に向かったそうです。また、武家に男の子が生まれると、みんなに知らせお祝いする意味を込めて馬印や幟(のぼり)を立てるようになりました。やがてこの風習は武家だけでなく、庶民の間にも広まっていきます。

五月人形のはじまり

武家社会の最中、武士たちが鎧兜を梅雨入り前に虫干ししていたことがきっかけとなり、五月人形が生まれました。鎧兜は、武士の間で自分の身を守ってくれる神聖なものとして扱われていました。そのため神社にお参りに行く際には、鎧兜を奉納して身の安全を願うという風習があったのです。そのことから厄払いをするために、武家屋敷では塀や門に柵をつくり、兜や鎧、槍や薙刀(なぎなた)などを飾るようになりました。元禄時代には鎧兜を着せた武者人形まで多く作られはじめました。

五月人形に込められた想い

その後、今日に近い形で五月人形が飾られるようになったのは戦後だといわれています。医療技術などが未発達であった当時は、衛生環境の問題や疾病等により、こどもが成人するまでに命を落としてしまうことも珍しくありませんでした。我が子を病気や事故から守ってくれますようにと願いを込め、鎧兜を武具ではなく、命を守るためのものとして邪気払いの目的で飾られるようになったのです。また、男子たるもの、屈強・元気・立身出世の期待を一身に向けられるものです。五月人形はそのような期待の象徴的な存在でもありました。

親から子への心のバトン

現在でも、男の子が誕生すると初節句に五月人形を用意して家族でお祝いする風習が続いています。時代の流れや生活様式の違いはあれど、子供の健康と健やかな成長を願う気持ちは今も昔も同じです。親や祖父母から多くの愛情を受け取って育ったこどもはきっと思いやりのある心優しい立派な人に育っていってくれるのでしょう。願いを込めたオンリーワンの五月人形を贈ってあげることでお子さまに特別な愛情を届けることができるのではないでしょうか? そして五月人形がこの先の未来も、親から子へ、子から孫へと繋がっていく「心のバトン」になってほしいと私たちは願っています。

代表的な五月人形

冒頭でもお伝えしたとおり、五月人形にはさまざまな種類があります。最後に代表的な五月人形をいくつかご紹介しておきます。それぞれに特徴や魅力がありますので、気になるお人形がありましたら購入を検討される際にいろんなお店を見てみてくださいね。

兜飾り

煌びやかな装飾と洗練されたフォルムが男らしい威厳を感じさせる兜飾り。いつの時代も強さは男の子の憧れ。強い男に育って欲しい、と願うパパママには根強い人気です。鋭く伸びる鍬形をつけた兜や、戦国武将をモチーフにした兜などさまざまなデザインのものが販売されています。また、定番の平飾りタイプから、お手入れのしやすいケース飾りタイプ、飾り台に収納スペースを設けた収納飾りタイプなど、飾り方も多種多様です。

鎧飾り

五月人形の中で最も豪華なお人形といえる鎧飾り。強い力で災厄を退け、たくましく立派に成長してほしいというメッセージが込められています。美しく鮮やかな配色と煌めき、迫力満点の佇まい、その勇壮さは男の子のカッコイイを刺激すること間違いなしでしょう。鎧飾りも兜飾り同様、さまざまなタイプ・飾り方のものがあります。

子供大将

子供大将は、鎧兜を身に纏ったかわいらしいお人形です。有名な武将のデザインや個性的なデザインまでさまざまあり、節句を華やかに彩ってくれます。ふっくらとした童顔で健やかな表情には、お子さまの幼いころからの無事と健康への願いが込められています。その親しみやすい風貌は、五月人形がこわくて苦手という方にもおすすめです。

着用鎧兜

見て楽しめて、着ても楽しめるという一挙両得の着用鎧兜。頭に被る兜のみのお飾りと、全身に身に付ける鎧のお飾りとがあります。こどもはもちろん大人でも着用できるものもあったりと、迫力のある大きさは見栄えがします。端午の節句の記念撮影にもぴったりではないでしょうか。

インテリア鎧兜

最近ではインテリアの一部としても飾っておけるような、小さくてモダンなデザインの五月人形が人気を博しています。当店でも、通常の鎧兜に比べてとてもコンパクトなインテリア鎧兜「EVOLVE-希翔-」をプロデュースして展開しています。洋間におしゃれに飾りたい!という方や、大きな鎧兜を飾るのは大変だ‥‥‥という方はぜひチェックしてみてください。

記事を共有する

関連記事

端午の節句とはどんな行事?歴史や風習を簡単にまとめて解説します

鯉のぼり・五月人形のしまい方が知りたい!綺麗な状態を保つ秘訣とは

鯉のぼりが表しているものは?どんな素材でできているの?

人気記事

端午の節句豆知識
#キーワード

端午の節句全記事表示

豆知識カテゴリー